FX投資

長期と短期投資

長期投資と短期投資にはそれぞれのメリットデメリットが存在します。投資を考えるうえではそのメリットデメリットを考えて短期にするのか長期にするのかを検討する必要があります。

 

それぞれのメリット

長期投資は長い時間を必要としますから短期の値動きを気にする必要がないということが魅力でもあり長所でもあります。その為損失が出ても気にしないで投資をすることができますし、利益が出てるいる場合でも急いで利益を確定することなく、ポジションをとり続けることができます。
ただ、長い目で見る為に損失が膨らむ可能性もあります。ですからリスク管理をしっかりと行うことが大切な投資ということがいえるでしょう。
短期投資は投資期間が短いですから、リスクをとりやすいということが魅力です。短期ですから値幅はそれほど多くない時期に利益を確定したり、損失を確定することになるからです。

 

短期か長期かを考える

投資をするときには、この短期か長期かを考えることが大切になります。これによってリスク管理も変わってくるからです。長期は当然長い間ポジションをとるわけですから、これに大きなリスクをかけるのはかなり難しくなります。利益が出ている場合はいいのですが、投資はいつ何時損失がでるかわからないものですから、何倍ものレバレッジで長期投資をすることはかなりのリスクとなる考えていいでしょう。
ですから、長期の場合は基本はレバレッジは一倍以下というように考えてもいいかもしれません。短期であれば、数倍ものレバレッジをかけた投資を行っても利益が出ているうちに利益を確定してしまうということが出来るので、レバレッジをある程度大きくすることもいいでしょう。投資を行う上でリスク管理と投資の期間というのは大きく関係してくるので、しっかりと考えることが大切です。長期投資と短期投資は単に投資期間が違うだけとも考えらがちですが、投資期間がちがうということは、まったく別の方法となると考えるべきでしょう。そのため使い分けをすることも大切です。